メニューを表示する
sotoe mail

sotoe ガーデン設計室

【新築外構工事】

マイホームを建てると家づくりで忙しくなり外構の事は後回しになる事が多いです。

建物が決まった時点で家の外回りの事も一緒に考えて下さるのが理想です。

 

駐車スペース、収納、お庭の空間、どう使えばいいか分からない場所などなど、、

ご家族のライフスタイルに合わせて。

そして雪の暮らしの事を考えて。

 

今ある敷地を有効活用させましょう👷

 






【外構工事】お隣との境界に

家で過ごす暮らしの中で家から外に出たらお隣の視線が気になる、ゆっくり庭で過ごしたいのにオープン過ぎるなど、

目隠しが欲しい方多いですね。

 

こちらのお客様は老朽化した塀を新たにつくり直したいご要望でした。

部分的にあった目隠しの樹木は撤去し管理が楽になる様にと新しい塀はフェンスを組み合わせました。

 

冬場の屋根からの落雪を考慮した部分的な目隠しの範囲ですが、しっかりカバー出来ました👷

 

 






【お庭工事】

人工芝、大変好評いただいております🌳

共働き、子育て世代、日々を忙しく過ごされている方にはメンテナンスフリーなお庭がいいですよね。

 

材料一つ一つの性能を生かし雪国に耐えられる安心材料を提案しています。

こちらのお客様は秋田でも雪深い地域の方です。

境界に設置したブロックは一般的な材料よりも幅が太く強固なブロックを使用しています。👷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






【お庭工事】

塗り壁は塗る模様で和風にも洋風にもなります。

こちらのお客様はローラー仕上げ。材料は粗い骨材を利用しザラザラな質感を出しています。

洋風の雰囲気や曲線の塀にマッチします。

 

雪国ならではのお悩みもひとつひとつクリアしながら提案。

雪で壊れないように、枕木はコンクリート製の商品。

消雪の水(赤さび)が塀にはねても目立たないように塗り壁の下面は濃い茶色で提案し目立たないように。

ワンちゃんと過ごす空間でもある為塀のすき間も考慮しています🐶

ご家族みんなで安心して過ごせる空間です。

 






【外構工事】庭のリガーデン

住宅をつくり直す「リフォーム」がある様に、庭や外構をつくり直す「リガーデン」もあります。

 

家族で過ごしていく中で世代が変わり、思考が変わり、ライフスタイルが変わって行き、庭での過ごし方も変わっていきます。

 

こちらのお客様の施工前は「見る庭」でしたが、施工後は人工芝に変えて「過ごす庭」になりました。

隣りとの境界は今後のメンテナンスを考えて生垣からフェンスに変えました。

 

家族とペットと過ごす時間がまたひとつ増えました👷

 

 






【外構工事】お庭工事

庭での過ごし方。

ガーデニングを楽しみたい、ペットと過ごしたい、バーベキュー、お子様のあそび場、など様々です。

先日完成した大仙市のお客様のお庭工事です。

プライベートの空間をつくる為に必要な高さをフェンスで囲い、敷地全体はカラー平板を敷きました。

リビングの窓から出入りが出来る様にコンクリートテラスを設置。洗濯を干す事も出来ます。

冬季間の事や、雑草対策などメンテナンスの事も考慮した空間です👷

 

 

 

 






【外構工事】お庭工事

先日完成した大仙市のお客様の現場です。

広いお庭全面に人工芝を敷きました。

一年中青々とした空間で過ごせる人工芝。

色合いは本物に近いリアルさがあります。

そしてふかふかの触感は裸足になって是非寝転んで体感してください☀

人工芝は種類が豊富なので敷地条件やライフスタイルに合わせて提案致します👷

 

 

 

 

 

 






【外構工事】境界ブロック工事

■お隣との境界に塀を施工
昨年工事してして下さったお客様です。
冬の積雪にも耐えられる様ブロック塀を高めに、その上にはフェンスを設置し適度な目隠し効果を。
お隣側から見てもプライバシーは守られプライベートな空間が出来てます。
今年も雪のシーズンが到来☃️
積雪の状況を確認して来ました。雪はそれなりに積もってましたが強度のあるブロック塀は倒れることも無く、安心・安全性を発揮していました。





【外構工事】

こちらは湯沢市の新築外構のお客様です。

 

玄関から道路へと続くアプローチには大きさの違う2種類の平板を使いました。

透水機能もあるので歩行が快適になります。

 

 

庭の空間は、元々あった飛び石を使い隣接した建物の玄関へとつなげました。

ガーデニングが大好きな施主様、4種類の色のピンコロ石を使って花壇をつくりました。

 

 

フェンスは目隠しの目的で設置しましたが、フェンスの下にも花を植えれる様に地面からのすき間をあけ開けました。

封鎖的にならないように、板幅は道路側が適度に見えるようなすき間を提案しています。

 

駐車スペースのカーポートは2台用を縦列駐車で配置。

交通量が多い道路に面しているのでプライバシーの確保と、

雨風・雪対策にとサイドパネルを2段で設置しました。

 

この地域は積雪の多い地域になります。

冬の生活も安心して過ごせる様機能性を考慮し、

雪解け後にはガーデニングが楽しめる様に、

ライフスタイルに合わせて提案しました。

 

 

 

 






【外構工事】

新築外構のお客様です。

 

自宅と道路との高低差があった為、駐車スペースを下げました。

駐車してスムーズに玄関に入れるようにカーポート奥には階段、

左側にはスロープを設け歩行の他、自転車や車いすが通れるようになどスムーズな動線を確保しました。

 

 

玄関を開けた時の目隠しとして、広めの門柱を設置。

門柱の前には草花が植えれるように、スペースを確保しています。

 

 

 

階段を上った先のアプローチにマットな質感の平板を設置しました。

透水性の素材なので水が溜まる事が少なく雨の日も快適です。

 

 

道路までの距離が限られており、敷地に合わせてカーポートの隅を加工しました。

 

住宅に合わせたモノトーン系の配色で統一しました。

敷地に合わせ、必要な場所に最適な提案をしています。