メニューを表示する
sotoe mail

sotoe ガーデン設計室

【新商品の案内】

アプローチやお庭のアクセントに使えるお洒落な敷材のご紹介です。

東洋工業さんの「ニュートペイブ ヘキサー」です。

 

 

コンクリートの質感に六角形のデザイン

モダンな雰囲気もアンティークなデザインも演出できます。

 

 

色の組合せや敷き方で独自のオリジナル空間をつくれます。

一般的な敷材は正方形や長方形を思い浮かべますが、6角形は新しいですね。

絶妙な色合いもかなりおススメです。

 

 

色は4色から選べます。

当社にサンプルを用意していますので、是非お越しください。

 

 






【外構工事】シャッタータイプの物置

物置の収納は各家庭によって様々ですよね。

こちらはイナバ物置のシャッタータイプです。

除雪機や冬の物、自転車など大きなものの出し入れがあるとの事で床をコンクリート施工にしました。

 

 

シャッタータイプのメリットは間口を全面開閉できることです。

また床面をコンクリートにした事で、高さがほとんどないので重量物の出し入れもラクラクです。

 

 

オプションで結露軽減材屋根と棚を付けました。

結露軽減材屋根は物置内の結露を抑える効果があるので積雪地域にはおすすめです。

 

 

棚は高さの調整が簡単に出来るので、収納したい物に応じてアレンジが無限大です。

 

物置はメーカーや大きさなど種類豊富ですよね、

sotoeでは敷地の大きさ、収納したい物に応じて適した種類の提案致します。

また物置の移動も出来ますのでライフスタイルに応じて敷地を有効活用しましょう。

 

 






【sotoeガーデンのお仕事】

sotoeガーデンでは雪解け後に工事予定のお客様の打合せを順次進めています。

2月に入り暖かい日が続くとお庭のこと、外のこと、考えると春が待ち遠しいですね。

 

当社ではお客様が少しでもイメージしやすいように商品や材料のサンプルやカタログを豊富に置いてます。

 

施工例を見たり、材質を触ってみて話す事で施主様から思わず斬新なアイディアが出たり、充実した打ち合わせが出来ます。

 

また材料だけの購入も可能です。

「おうち時間は家族で庭をつくる」

そんな楽しみ方もワクワクしますね。

 






【ガーデニング工事】ペットと過ごす庭

 

こちらは大仙市のお客様です。

お庭は元々芝生のある空間だったのですが

「庭のイメージを変えたい」とご要望がありました。

 

植栽の木はヤマボウシとアオダモです。

レンガをランダムに張って芝生を敷いて、

空いたスペースには草花も植えてガーデニングも楽しめます。

 

 

裏庭は石張りのアプローチを敷いた通路になっていますが、

プランターや物を置いて色々と飾ることもできます。

 

一直線に敷いた人工芝は、犬が走って遊べるドックランにもなります。

 

 

 

秋口の施工で樹木は葉落ちしていますが、

雪が降り冬枯れの景色もまた風情がありますね。






【ガーデンファニチャーのご紹介】

マルチで使える家具のご紹介です。

 

「にわで快適に暮らす」を形にした家具。

庭-KAGU です。

 

こちらのテーブルは天然木(ユーカリ)の素材を使用。

W550×D300×H720mm

重さは約3.4キロ とても軽いです。

また、使わないときは収納もでき持ち運び可能で

トレイとしても使える多機能なアイテムです。

 

プランターを置いて玄関先に

 

トレーとして食卓へ

使い方は自由自在。

居心地の良い空間ができますね。

 






アウターシェードで日差しをカット

7月も後半になり夏本番です。

この時期必須のシェードのご紹介です。

 

 

こちらは、YKKのアウターシェードです。

リビングの窓や日差しの強い窓の外に設置するだけで

6割~8割以上日差しを遮ります!

 

 

生地のカラーバリエーションが豊富なので

外壁の色によってアクセントを与えたり、

なじませるコーディネートが可能です。

 

スッキリとした印象を与えながら、

住まいのエコ&省エネを実現します。






【新商品のお知らせ】イナバ物置

今年5月に発売されたイナバ物置の紹介です。

その名もFORTA(フォルタ)です

・昨今の自然災害に対応してできた製品

・物置の大きさ0.52~1.43坪までの展開

・イナバ物置は一般型(新雪60㎝)と

多雪地型(新雪100㎝)しかなかったのが、

このフォルタは150㎝対応の豪雪型が登場しました。

部材が強度保証のある安心な鋼板で造られているこのフォルタは

収納物を強風や積雪から守るほか、

台風や地震に対する強度が建築基準法に対応しており、

より安心してお使いいただけます。

 

お住まいの地域やライフスタイルにあわせて商品をご提案いたします。

お気軽にご相談ください。






花壇をリニューアル

塀やレンガは年数が経つにつれて劣化していきます。

住まいの地域によって劣化の仕方は様々だと思いますが、部分的に老朽化した場所を直すだけでもその雰囲気は変わります。

 

こちらは10年以上前に施工したレンガの花壇です。

塀は全く問題無く花壇のみが壊れていた状態だったので、花壇を直していきます。

 

 

 

バラが好きな施主様、赤みのある色を選びました。

前回と同じ大きさで同じ形に、

 

 

 

まだ施工途中ですが、雰囲気が変わり明るくなりました。

全てを直そうとしなくても必要な所だけで充分、今ある場所に手を加える事で新たな価値が生まれます。

 

 

 






ベーシックなデザインブロック

お隣との境界、道路との境界をつくる際、ブロックやフェンスを使う事がほとんどです。

使う材料はシンプルでありますが、色味やテクスチャーがあるとそれだけでデザインが生まれますね。

 

こちらの現場は境界が分かる程度で良いご要望でしたので、コンクリートの高さに合わせて2段積みました。

無難なグレー色ですが細かいスリットが入っています。

 

こちらはお隣との目隠しも兼ねたいご要望でした、

ベージュ系の建物にブラウンのブロックとフェンスを合わせました。

 

こちら2つの現場のブロックは色が違うだけで同じ材料を使っています。

積む高さは高かったり、低かったり、ブロックとフェンスを組み合わせたり、ライフスタイルに合わせて提案しています。

 

 

 






施工現場より

現在施工中の大仙市の現場です。

塀工事まで終わりこれからお庭の空間をつくっていきます。

 

花壇をつくり、平板を敷いていきます。

 

この平板、天然木の雰囲気が出てますがコンクリート製です。

花壇に使用している材料も一見レンガに見えますが、こちらもコンクリート製です。

冬の季節にも安心の素材でナチュラルな空間がつくれます。

 

この様に仕上がりました。

奥側の境界にもフェンスを設置し、よりプライベートな空間をつくりました。

これから樹木や植栽を植えたり、楽しくおうち時間が過ごせますね。

あと少しで完成です、わたしも楽しみです。